還元率って?

還元率って? - クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの基礎知識

還元率って?

クレジットカードを使うようになると、カードの還元率という言葉を耳にします。
還元率とはなんでしょう。
還元率とは、クレジットカードが利用した場合に貯まるポイント、そのポイントが利用金額の何%に換算されるかを表す数字のことをいいます。
多くの一般的なクレジットカードの還元率は0.5%程に設定されているようです。
1万円の買い物をすると50円分のポイントが貯まるということになる訳です。

では、一般的ではないクレジットカードもあるのでしょうか。
一般的還元率よりも2~3倍の還元率を提供するクレジットカードもあるようです。
全く還元率など気にしていないという人もこの大きさには、驚くことでしょう。
クレジットカードをより有効的に利得性を最大限に生かすことを、考えれば自分の持っているカードの見直しをすることも大切なことでしょう。

得するカードを使わない手はないです。
必ず使う生活費を全てクレジットカードで支払うことができるのを、ご存知でしょうか。
毎月の電話代、電気代、ガス代、新聞代などの生活を支える基本的な部分を占める金額は馬鹿になりません。
そういった料金を高還元率のカードに変えるだけでも、効率の良いポイント蓄積ができるようになるのです。

貯まったポイントをどう使うことができるか、大きく分けると3種類になるようです。
カード会社が用意した商品やギフト券などと交換する、航空券に変えることができるマイルにする、最後にキャッシュバック方式のポイントがあります。
これはカードで利用した代金の返済にあてることもできれば、電子マネーに変えて使えることもできます。
還元率に着目することで、クレジットカードを選べば思わぬ節約とプレゼントを得ることができるでしょう。